2021年10月01日

エッフェル塔

エッフェル塔 こんにちは!
 
アクティス・ジャパン
 
総務担当の河野です。



昨日は、月末。

ということで、毎月恒例の大事なお仕事がありました。

それは、神棚のお手入れをする日なんです。


お水とお酒を入れ替えて、お塩とお米を盛るのですが、

「これも総務の仕事なのか!」と入社した頃にびっくりしたのを覚えています。


この一連の工程の中で1番難しいのが、盛り塩を作るところ。

塩を固める器に入れて、トントンと小刻みに手を振り少しずつ固めて成型するのですが、

慣れていないとひっくり返した時に、先端がまったく尖ってくれません。


何度失敗したことか・・・

しかも、上手くいったと思った時に限って固まり具合がゆるく、

崩れ落ちるという悲しい結果に。



森さんにやり方を教えてもらってから早1年半…


私もなんとかマスターしました。

聞こえてくる微妙な音の変化と、固まったかな?というなんとなくの感じ、

そんな自分にしか分からない微妙な感覚を、毎月毎月やり続けたことでつかみまして

自分で言うのもなんですが笑

今ではまあ上達し、人に教えられるくらいにまでなりました!



そんなこんなで、今はS藤さんと一緒にやっているのですが、

やはりS藤さんも苦戦しています。

上の部分が欠けてしまって、なかなか尖ってくれません。


ですが、真面目なS藤さんはイメトレしてきたらしく、

なんと昨日、わずか3回目にしてきれいな盛り塩が出来上がりました!

私の3回目の時はまだこんなに尖らせることできてなかったような。


佐藤さんの尖りポーズとともに、力作の盛り塩をご覧ください。


最近は作っていないので、私も負けられないですね。



それでは、また!




このページのトップへ

Copyright(C)ACTS Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.